NEUSOFT Japan、Frontier Managementとの間で協業を達する

このほど、NEUSOFT Japan株式会社(以下「NEUSOFT Japan」と称す)とフロンティア・マネジメント株式会社(以下「Frontier Management」と称す)は、デジタルトランスフォーメーション(DX)領域における協業がまとまりました。NEUSOFT JapanとFrontier Managementは、顧客企業に対し、DX領域における戦略策定から実装・実行までワンストップサービスの提供が可能となると共に、より高い付加価値の提供が可能となります。

今回の協業により、NEUSOFT JapanおよびFrontier Managementが、DX領域における戦略策定支援、DX領域におけるシステム実装及び構築支援、上記に関連したBPOに関するコンサルティング及び実行支援について相互に協力するものとします。

Frontier Managementは、2007年の創業以来、国内外の企業に対し、コンサルティング・M&A・事業再生支援など多様なソリューションをその分野の専門家集団として提供してきました。

Neusoft Corporation(以下「Neusoft」と称す)は1991年、日本のアルパイン社の投資により大学を出自として設立され、1996年には中国ソフトウェア企業として初めて、上海証券取引所に上場を果たしました。現在、Neusoft全体の従業員数は2万人弱となっており、グローバルにITソリューションとサービスを提供しております。

日本市場に向けて、Neusoftは顧客価値に焦点を当て、顧客製品の革新を加速し、デジタルトランスフォーメーションを強化し、顧客のビジネスの成長を支援することに取り組んでいます。NEUSOFT Japanはその日本子会社として、クラウドコンピューティング、AIやIoT等の先端テクノロジーを活用したITソリューションとサービスを提供しており、日中の大手企業を中心に、数多くの実績を有します。

将来、NEUSOFT JapanとFrontier Managementの持つ強みを最大限に発揮する上、リソースを相互活用し、日中の大手企業向けにより最適化なDXソリューションを提供します。

Contact Us

close

Back Top