性能はITシステムの品質を評価する重要な指標です。ITシステムは稼働中に性能面でのトラブルが生じると、軽い場合だと稼働が遅くなり、ユーザーからのクレームを受けてしまい、深刻な場合だとシステムの崩壊、稼働停止となります。こうなると企業の正常な生産経営にダイレクトに影響を及ぼし、企業に想定できないほどの経済的損失を与えてしまう可能性があります。そのため、いかに高い負荷による稼働に耐えられるか、高効率な業務処理を提供できるか、タイムリーにユーザーのリクエストに対応できるか、合理的にシステム資源を占用するITシステムを構築できるかがデジタル化への転換過程において重視すべき重要な内容となります。

Neusoftのパフォーマンスエンジニアリングサービスはシステム構築の各段階において、ユーザーをサポートし、システムの潜在的な性能問題を早期に発見、制御、管理そして排除し、現有の設備が生産能力を十分に発揮できるようにし、企業や組織の作業効率とエンドユーザーの満足度を向上させることで、ビジネス規模を絶えず向上・拡大することができます。

サービス内容

Neusoftは長年各分野の核心的業務システム性能保障に携わってきた専門家チームを擁しており、その能力はネットワーク、メモリ、サーバー、OS、ミドルウェア、データベース、コードなど多くの技術分野をカバーし、ユーザーの核心的業務システムのためにマルチレイヤ―で全方位的、スピーディかつ正確で効果的な性能プランニング、評価測定、最適化及び管理サービスを提供することができます。

性能プランニング

性能プランニングはシステム設計段階において、現在と将来的な業務設計水準、資源の消耗、人員規模に基づき、数学公式を利用し、過去の経験と業務特性に合わせて、ITシステムの未来のある発展情勢の下で必要となるであろうソフトウェア、ハードウェア資源と技術路線をプランニングします。このようにすることでITへの投資を合理的にコントロールし、システム性能水準に対応できる技術的意思決定を提供します。

性能評価測定

性能評価測定は測定対象システムに対し同時にアクセスプレッシャーをかけることで実務状況をシミュレーションし、一連のプロセス、方法や手段を活用し、一定のソフトウェア・ハードウェアの組み合わせとパラメータ設定の下でシステムの性能表現データを得ることができます。システムの長時間連続稼働でようやく露呈するシステム性能に影響を及ぼすような、場合によってはシステム崩壊をもたらすような「奥深く潜んでいる問題点」を一早く見つけ出し、事前にシステム構築業者にアラームを発することができます。

性能の最適化

性能の最適化はシステム性能を評価・測定してから、存在する性能上の問題について分析・診断・解決するプロセスであり、性能ニーズに対応できないモジュールに対しボトルネックの位置付けと最適化を行います。性能最適化を行った後のシステムは性能不足やシステム崩壊といったリスクを低減させることができるようになり、システムの正常稼働を保証し、ランニングコストをコントロールできるようになります。

性能管理

性能管理は生産システム性能に対する持続的保障サービスであり、ユーザーのITシステムに対し「健康診断」を行い、特にシステムの負荷能力、同時アクセス能力、レスポンス速度、入出力能力、信頼性と資源利用効率などの性能データについて傾向分析を行い、的確に把握できるようにします。業務拡大の際、データ分析状況に基づき合理的な増設計画を打ち出し、資源の利用効率を高めることができます。同時に、ビジネスの意思決定に対して定量化した根拠を提供することができます。

優位性

性能に関する専門家チーム

20年以上にわたり性能技術支援サービスに携わってきた専門家チームを擁し、その能力は企業のソフトウェア・ハートウェアに関わる多くのナレッジ分野をカバーし、分野を越えて性能不足やシステム崩壊をもたらす問題の根源を解析することができます。

多くの業界に関するナレッジベース

毎年200以上の技術サポートやサービスプロジェクト経験を有し、電信、金融、官公庁、医療、交通、教育、インターネットなどの分野に関連する性能ソリューションデータベースを構築し、複雑な環境下でも迅速かつ的確に問題の発見と解決を図ることができます。

国家認定資格

国家認定ソフトウェアラボラトリー(CNAS)のソフトウェア評価測定資格を有し、組織的、制度的、プロセス及び技術的に測定結果の客観性と精度を保証することができます。その測定結果は科学的で、完全かつ信頼に値します。

事例

Contact Us

close

Back Top