特定業務分野サービス

関連する様々な業務分野で、上流及び下流工程の作業ニーズに積極的に対応し、様々な国のユーザーに満足していただけるITサービスを提供しています。

車載業務

車載評価には中央制御メディアエンターテインメントシステムとダッシュボートの二つの部分が含まれており、世界の各大手自動車メーカーに評価サービスを提供しています。全仕向地、全機能、全評価車種をカバーし、米国、日本、欧州などの各地でローカルと実走評価を行い、各自動車メーカーのバロメーターとなる品質要求やケースの差別化について熟知し、オリジナルケース再利用ライブラリー、テンプレートプール及び自動化管理ツールを備え、より高品質・高効率な評価を実現し、ユーザーの信頼を勝ち取っています。

車載ナビゲーター

OEMに関して各大手自動車メーカーのナビゲーターテストを行い、世界各仕向地をカバーする機能テスト、画面遷移テスト、性能テスト、複合テスト、高負荷テスト、強化テスト、回帰テスト、取説テスト、ランダムテスト、意地悪テストなどを行っています。

  • 各大手自動車メーカーとは、主に中国系、日系、欧州系などが含まれています
  • 各仕向地とは、主に米国、日本、オーストラリア、中東、中国、ロシア、フランス、ドイツ、スペイン、メキシコ、ポルトガルなどが含まれています

機能テストの面において、Neusoftは95%以上の機能モジュールに関する検証設計と実施業務を引き受け、特に複合検証設計の面において、HAYST法、オールペア法などのテスト設計技術を柔軟に活用し、高効率・高品質なテスト視点を確保しています。

以下のような主要機能が含まれています

  • NAVI:ルート、案内、検索、ルート計画など
  • VR: VR
  • BT:BTAudio、HandFree
  • 車両系:ETC、CAM、Meter、燃費など
  • WIFI:WiFi設定、HotSpotなど
  • 通信系:CP、AA、StarLink、G-BOOK、Carlife、Welinkなど
  • システム系:画面調整、音質調整、個人情報の初期化など

実走テスト面においては、米国、日本及び中国の河北、北京、重慶、上海、深センなどの地域での実走テスト経験を持ち、関連する知的ノウハウを蓄積してきました。 ODMに対して関連製品のシステム検証を行い、仕様書評価、テスト視点評価などの上流工程作業を提供しています。

車載マルチメディア

車載マルチメディアシステムの評価は世界複数の仕向地をカバーし、様々な種類のテストを活用し、各段階における製品品質を保証しています。

  • テストの種類:機能テスト、画面表示、遷移テスト、機能強化テスト、性能テスト、複合テスト、高負荷テスト、長時間テスト、変更テスト、取説テスト、探索テスト、枯らしテストなど。
  • 単独で全車載マルチメディア製品に対するテスト設計とその実施を行うことができます。

車載マルチメディアの機能、オペレーション、環境、方法などに関する膨大な量のノウハウを蓄積し、独自に各自動車メーカーのケースの差異を整理し、オーディオ系をメインとするケース再利用資産プールを築き上げ、同類製品の様々なテストに対応することができます。テスト設計とその実施については大きく分けて以下の幾つかの機能系をメインとしています。

  • Audio系(Disc、USB、iPod)
  • Radio系(AM、FM、SXM)
  • BT系(電話、電話帳、Mail)

10年余りにわたる車載マルチメディアに関するテストでの蓄積により、今では様々なテストツール、テスト環境や大量のテストデータ、テスト用ディスクなどを有しており、いつでも関連テスト業務を展開することができます。

車両用メーター

日本国内の五つの有名自動車ブランドのメーターテストサービスに参画し、テストサービスには自動車、電車、トラック、農業用機械など異なる種類のメーターをカバーしており、78種以上の製品システムテストケースの設計とテストの実施を行っています。

  • メーターの各種製品間の機能の差異やテスト環境の構築方法を熟知しており、ユーザーニーズに合わせて、独自に柔軟かつ全面的なテスト試験の選定ができます。
  • 熟練度の高いテストが実施でき、成果物の完成度も高く、製品品質を保証すると同時にユーザーの投資を低減させることが可能です。
  • メーターの主要機能をカバーしており、主にはアブザー、インジケーター、マルチ表示、ゲージ、ドライブモニタ、ダイアグ、設定、MM連携、通信、光学特性などの機能が含まれています。

長年にわたりテストを行い蓄積をしてきたことで、Neusoftは多くのテストツールを備えており、それによって正確さと作業効率の向上を図っています。例えば、

  • CANシグナルシミュレーションソフトウェアツール及び電圧電流信号発生器を使って、CAN信号と直線信号の送信をシミュレートすることで、メーターに関するテストを実現しています。
  • CANalyzerとオシロスコープを使って波形パターンとLOGを測定し、波形パターンとLOGの分析を通じて正確なテスト結果が得られるようにし、開発スタッフにも問題解析の根拠を提供しています。

イメージング業務

映像機器関連業務

イメージングテスト部隊は20年近くにもなるプロ用と民生用の映像製品のテスト経験を有し、200人を超える専門的な人材を持ち、最先端のテスト技術と市場情報を把握し、映像製品テストをリードしているという自負があります。

業界の進化と技術の革新に伴い、SDからHD、さらに4K・8Kに至り、DVCAMからMEPG HD 420、MEPG HD 422、AVCHD、さらにXAVC S、XAVC Long、XAVC Intra 422 100Mbps、SStP 422、DNxHD、ProRes 422HQ及びOLED/LED/ Micro LED/レーザーなどの進化に伴い、イメージングテスト部隊も絶えずにグレードアップし、今では効率が高く全工程をカバーしたテストサービスを提供する部隊に成長しています。

業務用ビデオカメラ

業務用ビデオカメラ分野において、近年来、Neusoftの取扱範囲はCinema Camera、ENG Camera、EFP Camera、Medical Cameraなどの機種をカバーし、専用のテストスタジオで3A(auto-exposure (AE), auto-focus (AF), auto-white balance (AWB) )などの画質調整テストを行っている他、カムコーダのさまざまな機能のテストも行っており、20000件を超える不具合を検出しております。

現在担当している画質調整機能には、IRIS、Detail、Gain、Knee、Shutter、Skin Detail、ND、Black Gamma、Focus、Black Level、Zoom、White Clip、Digital Extender、Black Clip、SG、TestSAW、Multi Matrix、Low Key Saturation、Peaking、Noise Suppression、Marker、Cross Color Suppression、Zebra、Black Level、Matrix、Gamma、White Balance、HDR、BT.2020などが含まれています。

ネットワーク・リモートカメラ

ネットワークカメラ、リモートカメラ、監視カメラ分野において、近年来Neusoftは10数シリーズの200機種以上のテストを行ってきました。

ネットワークセキュリティ、クライアント認証、動体検知、顔検知などの最新技術面で豊富な経験を蓄積し、確実な品質保証活動を行ってきました。

在担当している主な機能には、PTZF、Tour(position)、Solid PTZ、QoS、UPnP、SSL、802.1x、Referer Check、HttpDigest、Password Check、Brute Force Attack Protection、Tampering、VMD、VMF、SMTP、Alarm output、Edgestorage、Voicealert、Dual Light、FTP、Http notification、Schedule、Backup FTP、ConnectionList、Easy IP setup、Playback、SNMP、CGI、Alarm Data CGI、Tally、Video Format、Color System、NDI|HX、Diagnostics Data、Zoom、Focus、Tele Convert、Zoom Capability、Exposure、Gamma、Knee、Detail、Picture、Video Effect、ICR、Image Codec、Image Size、H.264 Profile、Frame Rate、CBR、Bit Rate、H.264 Quality、H.265 Quality、IDR-Frame Interval、IDR-Frame Ratio、Superimpose、Multicast、RTSP、RTSP Unicast、PTZ Trace、Dos Protection、SYN Flood Protection、Fragment Deny、IP Limitなどが含まれています。

業務用レコーダ、スイッチャ、アーカイブシステム

映像コンテンツの編集、制御とスイッチング、アーカイブなどの分野において、Neusoftは20年近くに及ぶテスト経験を持っており、プロユーザーのニーズとそのユースケースを深く理解しています。

製品の「仕様」に基づき、ユーザーの視点に立った品質・効率の高い品質保証活動を行ってきました。

  • レコーダの主な機能には、RELAY REC、HD SDI Remoto、VDCP Remoto、Partial Copy、Transcode Copy、Selecte Copy、OUT REF、INPUT REF、Ext TC、SYS TC、DF&NDF、Linear Edit、Thumbnail、Chapter、Expand、Finalize disc、Hold Warning、SNMP、Full Salvage、Stop Mark、Rec Inhi、Clip Properties、Repeat Play、TC Cueup、DVB-ASI、AES/EBU、Multitaskなどが含まれています。
  • スイッチャの主な機能には、Add Source、Aux-spec、Camera-spec、Effect-spec、Trans-spec、Ext Keyboard、File Manager、Camera Remote、Transition Rate、Pattern Tab、Multi Viewer、BKGD、Display Bright、Headphones、USB Connect、Mass Storage Mode、Salvage、Auto Restore、Target Device、XPT、Macro Take、Keyframe Runなどが含まれています。

業務用モニターとマイクロフォン

業務用映像機器の周辺製品として、Neusoftはさまざまな種別、さまざまな型番Master Monitor製品とBeamforming Microphone製品の評価業務を担当しております。 モニターについて、SD-SDI、HD-SDI、3G-SDI、6G-SDI、12G-SDI及び各バージョンのHDMIなど、既存と最新の信号規格をカバーしており、画像表示の品質保証をしております。 Beamforming Microphone製品について、さまざまなユースケースを想定し、高効率なテストを実施しております。

  • モニター製品の主なにはRGB Cutoff、BlueOnly、Black Detail Mode、Dynamic Contrast Drive、Frame rate、HDMI RGB&YCC Range、Internal Signal、TimeCode、Marker、SerialRemote、AudioLevelMeter、Color Temp、SDI Col. Space_Mtx、SDI EOTF、Aperture、HDMI EDID、Gamma、Color Space、HDR Mode、SDR Mode、SDI RGB Range、Quad View Mode、User LUT、SDI YCC Range、WFM、ALM、VECTOR、Status、Contrast_Bright、Pixel Zoom、Password Lock、Control Panel、Tally、CH.Setting、Function_key、ParallelRemoteなどが含まれています。
  • マイク製品の主な機能には、Audio Gain Limit、Capture Range、Noise Reduction、Feedback Reduction、Equalizer、Calibration、Audio Output Level、Mic Gain、Noise Gateなどが含まれています。

デジタルシアターシステム

Neusoftはデジタルシネマシステム(デジタルシネマ用サーバー、シネマ管理システム、音声システム、シネマコントローラなどを含む)に関するワンストップ式ソリューション、およびハリウッド7大映画製作会社により発されたDCI要求仕様に基づいたグローバルのデジタルシネマサービスを提供しております。

  • Neusoftは10年以上のテスト経験を持ち、DCI要求仕様に基づいた安全性と信頼性テストサービスを提供することができます。
    • DCI要求仕様によるデジタルシネマデータの規定を熟知しています。
      • 4K解像度
      • SMPTEデータ標準化
      • KDM暗号鍵の発行
    • プロジェクター、サーバー管理システムを含む上映機材に関する規定を熟知しています
  • 欧米、日本、中国など主流のシネマに対する実地調査とデータ収集により、上映スケジュール、コンテンツ伝送、映画上映までシネマ応用・操作シーンを想定したシナリオテストを作ることができます。
  • デジタルシネマの長期の上映スケジュール、コンテンツ伝送と映画上映同期のシーンに対して、Python言語の自動化テストソリューションを活用することで、デジタルシネマ用サーバーに関する信頼性テストが実現できます。

業務用プロジェクターとディスプレイシステム

長年に渡り、業務用の映像表現機材の信号出力、イメージング、画質テストに注力して、ビジネス用・ホーム用プロジェクター、業務用モニター、スケーラブルなディスプレイシステムなどの分野のテストサービスに携わっています。

  • 信号イメージングテストやFPGAによる信号処理に対する理解を深め、技術的な研究に取り組み、その成果をシステム構成と品質特性視点からのテスト設計体系作り、信号イメージング要のテスト因子抽出に活かされています。
  • FPGAをベースとする映像処理部分
    • LVDS信号伝送パターン、信号の色彩と明るさ(RGB/YUV)の出力原理に精通しています
    • 2K/4K/8K解像度の算出原理
    • デジタルシグナルのフレームレート
    • 入力信号のGamma変化と校正
    • 輝度・温度・色温度の補正方法
  • 信号の画質テスト(カラースペース、高画質HDRなど)においては、豊富なテスト実績と技術の蓄積を持っております。
  • 市場主流となる色空間のBT.2020、HDR標準規格(例:Dolby VisionのSMPTE ST 2084)、HDR10、BBCとNHKが生み出したHLGなどの技術的な比較やアルゴリズムのノウハウを積み上げてきました。
  • 撮影からモニタリングと上映までのシナリオ運用に精通し、プロレベルの画質テスト用のテスト因子とシナリオのテストケースを捻出してきました。

テスト運用の面では、機能性、信頼性、効率性などの品質特性から専門なワンストップテストサービスのご提供を目指しております。

  • 信号の輝度、明るさ、色に対するテストにおいては、肉眼の効果対比、照度計、色彩輝度計など専門的な画質テスト方式と方法を熟知しております。
  • 信号イメージングに関するブラックスクリーン、ピンクスクリーン、バンディングなどの問題について、問題特定の判別と分析方法を持っています。
  • 信号発生器の使用と通信プロトコル、イメージング製品の通信プロトコルを熟知して、独自開発した自動化テストツールの運用によって、信号切替、チャンネル切替及びメニューの切替などの自動化テストが対応可能です。

デジタル放送

デジタル放送分野において10年以上のテスト経験を有し、テレビ、STB、ブルーレイレコーダ・ブルーレイプレイヤーなどのデジタル放送関連製品に関するテストソリューションを提供できます。 世界のレベルの比較的高い製品メーカーに対し、機能、性能、耐久性、信頼性、反復動作、フィールドテストなどの専門的なテストサービスを持続的に提供しています。

全世界各エリアのデジタル放送規格(ISDB、DVB、ATSC、DTMB)を深く理解・把握し、精密な変更点影響分析によって、最小限のテスト投入で最大限の品質効果を実現しています。

テレビとSTB分野

世界的なレベルの比較的高い製品メーカーに対しテレビとSTBに関する専門的なテストサービスを提供しています。

  • オフショア環境では日本(ISDB)、欧州(DVB)の擬似配信環境を備え、テストチームは日本、欧州などの現地作業サポートを提供でき、ユーザーとオフショアとの間のコミュニケーション上の架け橋となっています。
  • チームのピークスケールは100以上に上り、ユーザー製品サイクルなどの原因に起因する発注ピークや低調状態に柔軟に対応できます。
  • 機能性評価、接続性評価、ブルーレイ認証内部測定評価などの関連業務委託を引き受けることができ、さらに回帰テスト、ブラックスクリーン、ぼやけた画面などのテスト工程の自動化を実現することができます。

チームは10年以上の技術経験の蓄積により、スピーディな位置付けができ、低コスト・高品質な評価効果を実現することができます。

  • データフローの属性及び測定観点に関する有効な分析を行い、テストデータと測定観点との関連性を見つけることができました
  • 正確かつ高効率でデータフローと使用例、測定観点との間のマッチングを行えます。
  • 放送規格を読み解き、機能で原理の分析を実現し、複雑で変化の多いプロジェクトにおいて変更に起因する影響の範囲を的確に識別し、合理的な使用例の抽出指針とテストの重点をプランニングすることができます。

BDRE&BDP分野

世界的なレベルの比較的高いメーカーに対しBDRE/BDPに関する専門的なテストサービスを提供しており、10年以上分野テストサービスに特化しています。チームのピークスケールは70以上に上り、ユーザーの製品サイクルの原因などに起因する発注ピークや低調状態に柔軟に対応できます。

  • 日本市場の主流ブランドBDRE/BDP製品特性について熟知し、機能評価、接続性評価、ブルーレイ認証内部測定評価などの関連業務委託を引き受けることができます。
  • オフショア現場では現在日本のスーパーハイビジョン(SHV)放送環境を備えており、いつでもユーザーに関連分野製品のすべての機能に関するテストサービスを提供することができます。
  • チームは日本などの現場作業サポートを提供でき、ユーザーとオフショアとの間のコミュニケーション上の架け橋となっています。
  • 長年にわたるビジネス経験の蓄積により回帰テスト、ブラックスクリーン、ぼやけた画面などのテスト工程の自動化を実現できます。

デジタル放送関連業務のテストにおいて、そのキーとなるポイントはデータフローと使用例との間のマッチングと、どのようなデータフローでどのような観点を測定するかであり、チームはデータフローの属性と測定観点との関連性について分析を行い、テストデータと測定観点との関連性を見つけることができたため、より正確でより効率の高い測定を行うことができます。

チームが放送規格の解読・機能で原理の分析を実現することにより、複雑で変化の多いプロジェクトにおいて変更に起因する影響の範囲をテストサービスが的確に識別し、プロジェクトのために合理的な使用例の抽出指針とテストの重点をプランニングし、低コスト・高品質な評価効果を実現しています。

コンシューマ製品

コンシューマ製品分野、PC、プレイヤー製品に関する検証に専門的に特化してから約16年、デジタルペーパー製品に関する検証に携わってから約10年、デジタルボイスレコーダーとデジタルペーパー製品の検証に携わって約8年、それぞれのカテゴリで豊富な経験を積み上げ、フルライフサイクルの製品検証能力を持っています。

プレイヤー製品

2004年からプレイヤー製品のテストを行うようになり、組込み式プレイヤー、WEBサイト用プレイヤー、モバイル用アプリプレイヤーなどの面に関わる多くのテスト経験と能力を蓄積してきました。

  • Neusoftは10万以上のデータプールリソースを持ち、日本のオーディオプレイヤーの販売量の多いある製品向けに品質保障サービスの提供を続けています。
  • テスト設計の面において、Neusoftは異なる角度から異なるテスト設計を使って高い品質保証を保っています。
    • 機能設計システムをベースに、製品の品質を保障しており、ファーストロットの新製品及びPF変更製品のテスト設計方式に適しています
    • UC(製品をユーザーに提供するサービス方式をベースとする)テスト設計、比較的成熟した製品に適しており、製品がユーザーの使用品質水準に適合できるよう保証すると同時に、テストコストの節約を行うこともできます。
    • MTBF(Mean Time Between Failure)、製品の信頼性目標に基づきテスト設計を行い、特にコンシューマ製品などユーザーの使用頻度の高い製品テストに適用され、品質に関してより信頼性の高い保証を提供することができます。
  • Neusoftでは独自のテスト仕様書ライブラリーを備えており、それには現在の関連分野の主要テスト観点及びテストケース(機能及び代表的な非機能テスト観点のケース)も含み、流用性が高く、短時間で製品特長に適合したテストケースの作成を行うことができます。
  • エンジニアリング面において、Neusoftは機能テスト、性能、負荷、競合、累計稼働、長時間、スモーク、探索などの面まで全面的にユーザーにサービスを提供することができます。
  • プロセスの面において、テスト企画からテスト分析、テスト設計、テスト環境の構築、テストデータの作成、テストの実施、テスト結果分析、テスト品質分析、リスクに関する認識と評価、リスクソリューションなどに至るまで全面的なフルプロセスサービスを提供することができます。

ノートパソコン

16年間、PC分野のテストに注力して、製品全般のテスト能力を備えています。単体テスト、統合テスト及びシステム受入テストなどのテストレベルが含まれています。

800以上のテスト対象機種、全世界に向けて19言語のローカライズ翻訳とローカライズテストの実績を持っています。

300以上のアプリケーションの評価経験で、グレーボックステストとブラックボックステストの組み合わせでソフトウェア品質を確保して参りました。

マイクロソフト基準遵守試験(GuidelineとCertification Testなど)

デジタルボイスレコーダー

2012年よりデジタルボイスレコーダーのテストをスタートしすでに8年になりました。ユーザー本位の原則に則って、録音効果、録音時間、再生音質、録音航続などの面で、製品サービスの完成度を絶えず磨き上げ、製品品質の向上を図ってきました。

  • 録音モデル、再生サポートフォーマットのデータと録音方式について深く理解し、UC、環境、設備に基づき柔軟に調整し、製品について的確に位置付けし、効果的なテスト設計システムを選定し、合理的なデータ洗い出し原則を選択し、できるだけ少ないデータで全体をカバーするテストを行えるようにしています。
  • テスト設計の面において、Neusoftは異なる角度から異なるテスト設計を使って高い品質を保証しています。
    • 機能設計システムをベースに、製品の品質を保障し、ファーストロットの新製品及びPF変更製品のテスト設計方式に適しています
    • UC(製品をユーザーに提供するサービス方式をベースとする)テスト設計、比較的成熟した製品に適しており、製品がユーザーの使用品質水準に適合できるよう保証すると同時に、テストコストの節約も図っています。
  • Neusoftでは独自のテスト仕様書洗い出しライブラリーを備えており、それには現在の関連分野の主要テスト観点及びテストケース(機能及び代表的な非機能テスト観点のケース)も含み、流用性が高く、短時間で製品特長に適合したテストケースの作成を行うことができます。
  • エンジニアリング面において、Neusoftは機能テスト、性能、負荷、競合、累計稼働、長時間、スモーク、探索などの面まで全面的にユーザーにサービスを提供することができます。
  • プロセスの面において、テスト企画からテスト分析、テスト設計、テスト環境の構築、テストデータの作成、テストの実施、テスト結果分析、テスト品質分析、リスクに関する認識と評価、リスクソリューションなどに至るまで全面的なフルプロセスサービスを提供することができます。

デジタルペーパー

2010年から電子ブックリーダーに関する製品テストを、2012年からデジタルペーパーに関する製品テストをスタートさせており、これらの分野を専門的に特化し取り込んできました。 組込み式電子ブック、PCサイト電子ブックAPP、モバイル側電子ブックAPPや電子ブックストアなど多くのプラットフォーム、多くの種類の製品に関連してテストしており、ほとんどの電子ブックの閲覧、購入関連のテスト分野をカバーしています。

  • 個人や企業による製品への異なるビジネスポジショニングに向けて、Neusoftも差別化した機能設計、MTBFなど異なる設計方法と検証方式を使用し、標準装備の製品とオーダーメイド製品の違いを際立たせ、製品のユーザー群が利用する際ユニークさを感じさせることができます。
  • テスト設計の面において、Neusoftは異なる角度から異なるテスト設計を使用して高品質を保証しています。
  • 機能設計システムをベースに、製品の品質を保障し、ファーストロットの新製品及びPF変更製品のテスト設計方式に適しています
    • MTBF(Mean Time Between Failure)、製品の信頼性目標に基づきテスト設計を行い、特にコンシューマ製品などユーザーの使用頻度の高い製品テストに適しており、品質についてより信頼性の高い保証を提供することができます。
  • Neusoftでは独自のテスト仕様書ライブラリーを備えており、それには現在の関連分野の主要テスト観点及びテストケース(機能及び代表的な非機能テスト観点のケース)も含み、流用性が高く、短時間で製品特長に適合したテストケースの作成を行うことができます。
  • エンジニアリング面において、Neusoftは機能テスト、性能、負荷、競合、累計稼働、長時間、スモーク、探索などの面まで全面的にユーザーにサービスを提供することができます。
  • プロセスの面において、テスト企画からテスト分析、テスト設計、テスト環境の構築、テストデータの作成、テストの実施、テスト結果分析、テスト品質分析、リスクに関する認識と評価、リスクソリューションなどに至るまで全面的なフルプロセスサービスを提供することができます。

プリンター

プリンター分野において検証する主な製品はデジタル複写機であり、プリント、コピー、スキャンという三つの機能がメインの検証項目になります。

生産性管理、搬送管理、トナー管理、スキャン管理、オプション通信、画質維持管理、外部接続管理、機械監視管理、異常検知、定着管理などの検証内容をもってプリンターの様々な機能を保証しています。

Neusoftはすでに30種類の用紙サイズ、8種類の用紙重量、3種類の印刷速度、7種類の用紙トレイ、5箇所の用紙排出口、白黒、カラー、等倍、拡大・縮小、片面・両面など様々なプリント方法をカバーし、プリンターの高い生産性を保証しています。それと同時に、コンビネーションテスト(直交表、オールペア法)設計技術を利用してこの部分のニーズについてテスト分析と設計を行うことで、テストケースの全面性・簡便性を可能な限り保証しています。

Neusoftは専門的なテスト分析方法を有しており、例えば、ファクターレベル分析、機能組み合わせテスト、累積稼動テスト、高頻度テストなどを利用して、高品質なテストを保証しています。

小売ビジネス(POS)

決済方式遍歴テスト

2019年、日本市場が従来型の磁気クレジットカードからICクレジットカードによる決済に転換するという重大な変革に直面し、Neusoftはニーズ検討からテスト設計、テスト実施、テスト企画及びテスト管理に至るフルライフサイクルサービスを提供しました。開発チームとの高効率な提携と自らのソフトウェアテストへの理解を通じて、独自に開発した電文シミュレータ、データ通信シミュレーター、シグナルシミュレーターなどのツールを使ってテストを行い、テストコストを削減すると同時に効果的に業務アウトソーシング規模の拡大を図っています。

商品取引の実現を最終目的として、異なる決済方法で商品取引に関する支払いテストを行いました。シナリオテスト、キャッシャーオペレーションシミュレーション及び消費者の各支払い方法に関する嗜好性分析を加え、正常決済、異常決済、支払い方法の切替といった実際の決済状況を設計しています。これまでに以下の40種類以上の支払い方法に対してすでにテストを行ってきました。

売掛金、商品券、券類、クーポン、割引券、ソースマーキングバーコード商品券、インストア商品券、カタリナメーカークーポン、カタリナリテイラークーポン、レジ袋値引、スマートレシートクーポン、CoGCa、Repica、バリューデザイン、クーポンデリクーポン、現金、ポイント、キャッシュバック返金、クレジット、ICクレジット、インプリクレジット、銀聯クレジット、銀聯デビット、デビットセンター、決済銀聯、NFC、決済端末払い、デビット、Suica、Edy、iD、QP、VT、プリカ、交通系IC、楽天Edy、WAON、nanaco、内金、決済コード等 

決済端末遍歴テスト

市場で流通している各種決済用端末を上手に使いこなし、それらの差異と取り扱い上の違いを理解し、ソフトウェアの互換性テストを行っています。ソフトウェアの互換性に関わるバグを効果的に検出し、製品の品質を保証しています。

決済端末は主に一般端末、半自動端末及び全自動端末の3種類に分けられます。これまでにテストした端末はすでに20種類以上に達しており、主に以下のモデルが含まれています。 POS端末:WILLPOS-Unity M-8000、M-8500、M-8750、M-9000;WILLPOS-Mini QT-10、QT-100、QT-11、QT-20、QT-200、ShopWorks 7G、FScompass NS、MA-2055-V2、FS-2055-V2、WILLPOS-Lite ST-C10、MP-80。

半自動端末:AS-910、SS-900、WILLPOS-Link by FScompass、WILLPOS-Link

全自動端末:WILLPOS-Self SS-900、WILLPOS-Self SS-950U、FScompass、WILLPOS-Fit SS-950U

 

決済関連装置テスト

POSと接続できる設備の種類は数多くあり、POSの端末単体テストであっても、サーバーとの通信テストであっても、各種の関連装置を通じてより幅広い決済操作空間の拡張を実現できるようしています。Neusoftは決済端末に関連する各種周辺装置を熟練して運用し、テスト設計と実施の過程においてユーザーが運用する設備の型番を十分に考慮してカスタマイズし、それぞれの使用状況に合わせてより的確なテストを行えるようにしています。現在までにNeusoftがこうした観点に立って現在までにNeusoftがこうした観点に立ってテスト項目を2000件以上を軽減し、より少ない工数で効果的にバグ件数を100件以上検出しました。、検出したバグ件数は100件以上に達しています。 現在主に使用している関連装置は以下の通り。 クレジットカード端末:ベリトランス社製(VEGA3000PTouch)、CASTLES製(SATURN1000L)、FRS社製(マルチR/W端末)、JREM社製(共用R/W端末)、TMN社製(UT1-neo) 両替機:VITESE VT-330、VT-330-KL、VT-330-S、VT-50-B3/VT-70-B3、KITVT-330-MD、VT-280-K2、VT-280-S、VT-50-B/VT-70-B、VT-250-K、DRW-4650F6-F4、DRW-4044F6-F1、DRW-4650V6-F1スキャナー:IS-910T、IS-910-S-UW-R、IS-910-S-UB-R、HS-580、HS-400

機材接続

Bluetooth、WIFI、NFC、USB、HDMI、DLNA、MHL、WFDをベースに、専門的な技術、視野と能力を背景に、各種電子製品のIoTテストに特化して行っています。

技術は全面的にBluetooth、WIFI、NFC、USB、HDMI、DLNA、MHL、WFDなどの主流インターフェースをカバーしています。

豊富な経験:テスト対象製品には、コンシューマ製品、スマートホーム、プロフェッショナルカメラなどの分野をカバーし、例えば、スマホ、カメラ、テレビ、Navi、ホームエンタテインメントシステム、デジタルプレイヤー、デジタルウォッチ、アクティビティトラッカー、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどがあります。

完備された機材:3万台以上の機材を保有しており、それにはテレビ、携帯電話などが含まれ、また、欧米・日本などからのグローバルな機材購入能力を備えています。

業界をリード:プロトコル分析をベースに、企画、設計、ログの取得と分析、自動テストなど専門的な能力を備えています。

業界ソリューション

透明性のある業務運営プロセス、迅速な開発、正確な測定により、ソフトウェアを予定通りに発売し、かつ安定した運用が保証できるようにしています。

情報化への歩みが加速するのに伴い、益々多くのユーザーがJ2EE、.netなどの技術を用いてWebアプリケーションシステムを実現するようになりました。しかしながらユーザーニーズが絶えず変化し、短期間での引渡しが要求されるというプレッシャーにも直面するようになり、迅速かつ高効率なソフトウェアテストがプロジェクトの成功とリスクの軽減を確保する重要な要素となっています。Neusoftは8000以上ものユーザーへのソフトウェアテストプロジェクト経験を有しており、J2EE、.net技術に関する実践を行い経験豊富なテストアドバイザーを擁し、ユーザーをサポートしてアプリケーションシステムのソフトウェア品質を効果的に改善・向上させ、システムの今後のオンライン運用リスクを軽減させることができます。

  • 機能テスト
  • 性能テスト
  • 実用性テスト
  • セキュリティテスト
  • 互換性テスト
  • ニーズテスト
Contact Us

close

Back Top